ステップアップ97 2000年 2月定例会議事録

日程:2000年2月15日(火) 午後7時〜9時(開場6時半)

場所:東京国際フォーラム内 生涯学習センター (地下 1)

参加者 25名 演奏&講演者 2名 合計 27名

定例会内容:

1) テーマ:『帆足彩(バイオリン)と伊藤祥子(ピアノ)の音楽教室』
(ほあし あやさん) (いとう さちこさん)
1.オープニング演奏
教会音楽・宗教音楽 シューマン 「トロイメライ」 バロック音楽 ビバルディ 「四季」 から 「春」
2.バイオリンにまつわる話
・ 16世紀頃、 はっきり、いつ誰が作ったかは、不明。
・ 改良の余地がない。
・ 良く似た楽器にビオール、というものがあるが、フレットがあった。
・ バロックバイオリンから、モダンバイオリンへ
・ ストラディバリ...ニスが、現在では、再現できない。
3.クラシックの歴史を追って、説明と演奏
宮廷音楽
バッハ 「プレリュード」 平均律(12の音を平均して、決めた。) ピアノのドのシャープとシのフラットは、同じ音ですが、 バイオリンの場合は、純正律 と言って、少し違って、 ドレミファソラシドのシの音より、ドシラソファミレドの時のシの音のほうが 少し低い音になります。 ピアノの名前は、最初、ピアノ デ フォルテ、と言っていました。 オーケストラの中で、一番低い音から一番高い音まで出せる楽器です。 オーケストラのピアノの記号は、今でも「PF」と書いてあります。 五線符もこの頃、発明されました。
古典派
モーツァルトは、シンフォニーやコンツェルトを書きました。 ベートーベン ピアノソナタ 「月光」 ブラームス 「ハンガリー舞曲」 (ブラームスは、クララ・シューマンにもらったピアノを大事に弾いていた)
ロマン派 印象派(フランス)
ドビュッシー 「亜麻色の髪の乙女」 ラベル 「ボレロ」 マスネー 「タイスの瞑想曲」 (オペラ)
無調の時代
新古典派 ストラビンスキー、 プロコキエフ
現代曲
ジャズの流れもクラシックの流れに当てはめてみることができます。 日本の音楽も、サザンやユーミンが、定型的なコード進行から、 はずれた音符進行で、とてもオシャレで、素敵だと思います。 ビートルズの曲も、レットイットビーに、エンドレスなコードが 使われていて、聞く人にもっと聞きたい、という気持ちにさせています。
4.質問から
・ バイオリンには、左きき用のものは、ありますか?
特別にはありませんが、あごで押さえる位置が逆の人はいます。 練習は、最初、形から入ります。正しい姿勢が大事です。
・ ソナタ形式、という形式のほかには、どんな形式がありますか?
ソナタ形式...ソナタとは、楽曲のことです。 ロンド形式、二部形式、変奏曲などがあります。
・ 弓を使う楽器について、教えてください。
バイオリンより、弓の歴史の方が長い。 中国では、胡弓といって、弓と弦をはさんだものがあります。 バイオリンの弓は、馬のしっぽで、モンゴルか、中国のものです。 馬のしっぽに松脂を塗って、脱色をしてあります。 脱色をしないと、太い音が出ます。 バイオリンの弦は、ひつじの腸から、作ります。
難しいお話しをやさしく、かつ、楽しくお話ししていただき、 また、一度は聞いたことがあるような、なじみのある曲を選んでいただき、 これもまたすばらしい演奏で、みなさん、引き込まれてしまいました。 残念ながら、リクエストについては、またの機会にお願いすることにしました。

2)1999年度の会計報告と会の運営について
配布資料、または、ホームページを見てね。

3) 連絡事項
2月24日木曜日 IT研究会 (東京国際フォーラム)
3月 6日月曜日 IT研究会 (東京国際フォーラム)
3月14日火曜日 定例会 (東京国際フォーラム)
3月18日〜19日 スキーツアー (志賀高原 予定)
4月 1日土曜日 SYKとの合同お花見 (鶴見 三つ池公園)
4月 5日水曜日 IT研究会 (東京国際フォーラム)
4月18日火曜日 定例会 (東京国際フォーラム)
5月から パラグライダー 予定

以上