ステップアップ97 1999年9月定例会議事録

開催日:9月14日火曜日

会 場:東京国際フォーラム内 生涯学習センター地下1階

テーマ:「21世紀の情報通信について」

参加者:15名

今回は、メールに関することから、会員の質問や意見を

フリートーキングで、進めてみました。

1.メールが送れたか、どうかわからない。

BCC に自分のアドレスをいれておくと自分にも送信されて、発信したことは、わかるし、

発信メールの整理の必要がない。

ニフティなど、同じネットワークの相手なら、相手が見た時間も分かる。

AOLは、相手が、見たことが分かるようにできる。

自分のメールのチェックのタイミングを相手に知らせておく。

とりあえず、受信了解のメールを返信し、何かコメントを求められていたら、別に送信する。

2.メールの保存をどうしていますか?

テキストだけなら、4000本で、500MB ぐらいかな。ハードディスクに月別に保存している。

見たら、ごみ箱に捨てる。受信トレイにためない。

添付ファイルについては、ホルダーを別に作って整理している。

3.メールの活用として

アドレスを持っていない人には、メールをワードなどにコピーして FAX で送っている。

4.署名について

ニフティの場合、署名ができない。調査中。

(ニフティサーブ V5.0では、署名ができるようになっています。)

5.掲示板について

会社の掲示板については、毎日チェックするようになっている。

6.ジャンクメールなどの海外からのメール

メールを開くと、国際通信に切り替わっていることがある。

通信料は、送信側と受信側の折半になっている。

KDDでは、ブラックリストのナンバーが接続すると、

タイマーでチェックし、場合によっては、切断している。

7.携帯メール

文字数の制限はあるが、ちょっとしたやり取りでは、便利です。

今回は、メールに関することで、時間がなくなってしまったので、

次回は、テーマをしぼって続編をやることになりました。

テーマについて、リクエストをお願いします。

今後の活動予定

1.10月定例会 10月19日火曜日

東京国際フォーラム内 生涯学習センター地下1階

発表者 高野 治さん (ドクトル・ゾンデルホフ法律事務所)

テーマ 「外資系法律事務所の仕事について」 〜探偵事務所とちゃうんかい!〜

テーマ 21世紀の情報通信について 続編 (フリートーキング)

2.11月定例会 11月18日木曜日

東京国際フォーラム内 生涯学習センター地下1階

テーマ SU97 流行語大賞